コストを抑えた住宅建設を考えましょう。ちょっとの工夫でお得に

不動産の比較

とても満足のいくリフォームをしたいとは思いませんか?名古屋の工務店では、住まいの事をしっかりと考えたリフォームを行なってくれます。

新築物件の購入費用以外のランニングコストを踏まえた判断が重要

新築の住宅を購入する際に、特に大都市圏ではマンションか戸建かを選ぶのは人生における大きな岐路の一つになります。その検討の際に重要となるのが、物件購入費用以外のランニングコストについての検討です。マンションの場合は修繕積立や管理・メンテナンスのための管理費が毎月徴収されます。また、駐車場を利用する場合、その費用も毎月発生します。長い目で見れば修繕積立の費用が増えることもあり得ます。大都市圏の最近の平均以上のクオリティの新築マンションであれば、マンションであれば、駐車場も借りる場合、管理人の合計が月に3万円程度から首都圏などは5万円程度必要なケースが平均的です。一方で戸建は毎月のランニングコストとしての管理費は発生しません。車を持っていても予め駐車スペースを用意しておけば駐車場の利用費も不要です。昨今の住宅ローンの変動金利水準で換算すれば、月3万円払えば1000万円程度、月5万円払えば1500万円以上のローンを組むことができます。逆算すれば、新築戸建てを購入するならば新築マンションよりも1000万から1500万円購入費用を高くしても、月々の支出は同じになるのです。

戸建とマンション、それぞれの人気の理由

新築が人気なのは、日本人がそもそも欧米と比べて中古を好まず、手垢の着いていない新品を好むという民族性がある上に、税制などの優遇措置も新築に手厚いという理由があります。その上で戸建とマンションそれぞれのメリットの大きい部分は次の通りです。新築戸建が人気の理由は、土地が資産として保有できることが大きいです。将来的に建物の老朽化や子供と住める二世帯住宅に建て直すなどの希望が生じた際も、自分たちの一存で建て直しがききます。同様にリフォームや、太陽光発電などの住宅設備の導入も自分たちの希望さえあれば実現が可能です。一方で新築マンションが人気の理由は、比較的駅に近い所に物件が多いことや、予算面で妥協をせずに向きの良い高層階の部屋を購入できるならば日当たりの良い環境を確保できること、共有部分のメンテナンスは管理人に任せておけばよいし、24時間365日、一部の粗大ごみを除けばいつでもどんなゴミでもゴミステーションに捨てることができることに加え、多くの物件が部屋の中はバリアフリーで、勿論階段もないため高齢者にとっても住みやすいことなどが挙げられます。これらのコスト面とメリットを比べた検討が重要です。

四季工房について知る

注文住宅を作るメーカーとして、自然を思いやる気持ちを持ってサービスを提供しているのが四季工房です。四季工房で年中快適に暮らせるようにエアパス工法を用いて建設を行っています。

Read More